2009年09月24日

今宵はamateでDONUTZですよ

BLOGをUPするアプリケーションが不調で、しばしご無沙汰しておりました。これから更新がんばります。新しい環境にはまだ慣れませんなー。

まずは土曜日のCLOUDLAND@ageHa、お疲れ様でしたー!

CLOUDLANDはなにより、いつもなかなか会えない友人たちに結構会えるのでそれがなにより楽しかったり。プレイは概ね楽しく出来たのですが、マイケルのBlack or WhiteをMIX中に痛恨の針とび・・・。物凄く酷いドタバタサウンドを流してしまい、フロアから人がさーーっと捌けていってしまったのは流石にガチへこみしました。針とびはある意味事故というか、気をつけていても起こる時は起こるので仕方が無いのですが・・・。特に長年使い込んだレコードほどリスクが高まりますね。
大事なレコードは痛んで取り返しのつかないことになる前に綺麗な音でPCに取り込んでおこう。

当日は急遽タイムテーブルが変更になって、モジョ先生をちょっとしか見られなかったのは残念。Traktorを4デッキフル活用してどんな凄いことをしていたのか気になります。

さてさて、話変わって今宵はDONUTZ@amate-raxiです!

/media/img_20090902T105255156.jpg

このパーティは、ある意味CLOUDLAND以上にDJとお客さんの距離が近いので、いつもバタバタしててゆっくりお話出来ない友人ともまったり語らえて大好きです。

特に、この前のageHaではゆっくり話が出来なかった、UPBEAT!勢の皆様!、是非今晩あらためて飲みなおしませんか?<私信

今回も濃いメンツが揃ってますよ!連休の余韻に身を任せて踊りましょう。


DONUTZ vol.4
9/24 LAST THURSDAY
@amate-raxi
door 2500 yen
with flyer 2000 yen
open22:00〜midnight
house →electronic← techno
◉先着ウエルカムドリンク付◉
【house →electronic← techno】


D.I.Yを合言葉に、YUMMYの呼び掛けで首都圏を中心に
活躍する次世代の才能が集結。今月のDONUTZは
ELECTRONIC MUSICの本質を伝えるためサウンド面に
特化したシンプルな空間の下、DJ達の実力は勿論
それぞれハイブランドのレセプションパーティ、
現代美術館、セカンドライフ、幼稚園、Ibiza、Russia等
様々な場所でのスピン経験を持つ曲者揃いのラインナップでお届けする。
バックボーンの異なる超分野のセンスが共鳴し合い
アーティスティックなヴァイヴスが生まれる瞬間に期待したい。
DONUTZは全ての参加者の日常を揺さぶり続ける。


コンセプトは長いのでこっち
http://www.myspace.com/donutztokyo


>>--DONUTZ HALL-->>
YUMMY(DONUTZ, CLOUDLAND)
SoLA
RANUMA(PULSE)
カノマタケイスケ
Hiro

>>--MELT LOUNGE-->>
KAZUHIRO ABO
DJ色彩
NMR
iroiromix
kiki
わたぺー
clastix

>>--VJ・VISUAL-->>
SHUN
BT

今日はクラシックスをいっぱい持っていこうかな。
posted by KAZUHIRO ABO / アボカズヒロ at 06:45 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年09月11日

濃すぎる週末 SPEEDKING編

先週末のことを書いてたらもう今週末に!?だめだなー、まぁ、いろいろやってるんですよ。もうちょっとしたら小出しにします。

さて!先週末(厳密には今週の頭)の話の続きですね。土曜のUPBEAT presents SHUFFLEを終えて、明けて日曜のお昼amate-raxiで開催された「SPEEDKING09」に出演してきました。

このイベントに出演できたということは、今思い返しても夢みたい。

SPEEDKINGというのは、今から大体10年前に日本のサブカルシーンで興っていた「ナードコアムーブメント」の中心になったパーティです。このパーティは、ナードコアという名称を考案したカラテクノのnkzmさんがオーガナイズしていました。現・BUBBLE-Bさんと言えばおわかりでしょうか?
出演していたのは、カラテクノ、レオパルドン、シャープネル、DATゾイドなど当時のそうそうたる面子。
当時14〜15歳だった僕は「極めてドメスティックな感動」をありのままに発信してムーブメントを起こしているこの一風変わったテクノミュージックに瞬く間にハマっていきました。

なんでそこまで大ハマリしたのかというと、当時のテクノシーンの体質(もしかしたらこれは今もダンスミュージックシーンには残っているのかもしれませんが)に違和感を感じていたからです。
当時の日本のテクノシーンの価値観というのは、ユニバーサルテクノゴッドなんて呼ばれていたケンイシイさんに代表されるように、海外で認められて逆輸入されてきたものが「エラい」という風潮がありました。日本におけるテクノは今よりももっとサブカル色が強くて言ってみれば「洋楽を聴けば偉いと思っててエアロスミスとかを聞いてたり、昨日のごっつのギャグをそのままコピーして笑いをとるクラスの人気者」を教室の隅で嘲笑してるようなタイプの人が聴いている音楽だったような気がします。でも、そこでも「逆輸入」ということが大きなセールスポイントとして機能するんであれば、それって前述の「人気者」と何が違うの?と当時の僕は思ったわけです。今考えるとどうでもいいことですね(笑

そこで、極めてドメスティックな嗜好性で作られた国産ダンスミュージックであるナードコアに魅力を感じたと言うわけです。当時はナードコアが特集された雑誌も集めたし、取り上げられたテレビも録画しましたよ。

会場入りするとそこには、10年前に憧れていたあのアーティスト達から台湾を代表するヒップホップグループ、僕なんかより全然年下なのにネットレーベルを主催し、精力的に活動している恐るべき平成生まれ。そして最近一緒にDJしすぎて慣れちゃって恐るべかない平成生まれ(当日疲れてヘロヘロなのにキャッシャーにDJに大活躍だった色彩 笑)が一堂に会していて、もう、何のイベントか分からないけど凄いってことだけは伝わってくる雰囲気にくらくらしました。

/media/img_20090911T094805406.jpg

↑今回メインフロアで「コール」を担当する水戸の伝説ことスマイルハンターズのEnjo-Gさん。ばっちりキマってます!

イベントが始まってみると全てのアーティストが超クオリティが高く、2つのフロアをピンポンよろしくいったりきたりしていました。

レポートはPOWER DJsのサイトに詳しく書いてありますので、こちらをチェックしてみてください。

http://shop.plaza.rakuten.co.jp/dj/diary/detail/200909070000/

この日の僕はずばり「思春期の自分を供養するセット!」

前半は、今の僕のパブリックイメージであるハウスセット、そして後半は、SPEEDKINGに憧れていたテクノヘッズだった当時、「こういうプレイがしたいんだけどテクニックが・・・」みたいなことを、10年の時を経て再トライするというテーマでプレイしました。結論から言うと、テクニック追いついてた!!やっぱり人間継続が大事です(笑

niji (Mijk van Dijk for girls remix)からヒプノティストのHOUSE IS MINE、そしてJEFF MILLSのTHE BELLSにトリッキーなカットインやEQ,フェーダー操作を織り交ぜながら繋いでいくのは90年代中ごろのテクニカルなテクノDJのそれで、僕が憧れていたスタイルでありました。

ここら辺の展開で、お客さんががっつりハンズアップしていたのをブースから見て、不覚にも落涙しましたよ。僕は。タイムマシンがあったら当時の思春期真っ只中でノイローゼ気味の自分に「10年後夢がかなうから、頑張れ!」といってあげたいくらいです。

最後はミニマルテクノにドラムのフィルを使って真心ブラザーズの「Dear, Summer Friend」をドロップ。「大人になれば夏は終わるかな なくならない夏はないかな」

ここにあった!

イベント終了後は、皆さんと打ち上げ。

/media/img_20090911T094806937.jpg

↑締めもやっぱりEnjo-Gさん!

台湾のコウチョウチンが異様にキレのある志村けんギャグを連発して爆笑の渦をまきおこしていました。

その後、僕とJ-POP DJ界のカリスマ、申し訳ないとのミッツィー申し訳さん、SPEED COREの帝王m1dyさんの三人で、amate-raxi近くのジョナサンにて2次会。

初対面の3人が異様なほどコアなバカ話や音楽話で盛り上がれると言うのも、ひとえにSPEEDKINGの魔力のせいなのかもしれません。

今回のSPEEDKINGの感想で「ナードコアは生きていた」というものをいくつか見かけますが、僕としては、SPEEDKINGはナードコアを越えた新しいステージに進んでいると思います。もしかしたら、今ナードコアをやっている層は置いていかれてしまっているかも。とすら感じるイベントになっていました。

SPEEDKING10に期待しつつ、そして、来年もあのブースに立てることを祈りつつ・・・。

posted by KAZUHIRO ABO / アボカズヒロ at 09:55 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年09月10日

濃すぎる週末その1

先週末のことを今週の木曜に書くあたり、いかに週末はじけまくって燃え尽きたかをお察しいただけるとこれ幸いなり・・・。

先週末は、土曜は夜から朝までUPBEAT presents SHUFFLEで、明けて日曜は昼(13:00入り!)でSPEEDKING09でした。SHUFFLEからSPEEDKINGまでの間の数時間、家に帰っても仕方が無いので渋谷界隈でちょっと仮眠をとっていこうと思っていたのですが、結局寝れず、結果から言うと30時間ほどの不眠不休で連続飲酒となりました。これは早死にしても文句は言えない!

/media/img_20090905T093135578.jpg

5日のSHUFFLEは、UPBEATという今相当勢いがある大箱ハウスイベントのDJたちが小箱ならではのプレイやコミュニケーションも大事にしていくためにUNDERBARで開催しているパーティで、そういったコンセプトだけにお客さんの雰囲気も非常に暖かく、楽しくプレイできました!(PCで確認してみたら携帯で撮った写真、暗くて上手く撮れてなかった。tsutomu君ごめんよ・・・)

僕の前は硬い音のDJが続いていたので、生音系のハウスからだんだん音を硬くしていく展開で、途中に意外性の強い飛び道具を織り交ぜる(飛び道具のセレクトは完璧に酒にセレクトさせられてます 笑)プレイをしました。意外性の強い選曲はお客さんにもなかなか好評だったようで、DJ冥利につきるってもんです。

UNDERBARは初めて行ったんだけど、とにかく店員さんが呑ませ上手!バンバンテキーラが飛び交い、僕もなんだかんだでプレイ後に4,5杯くらってしまいました。酒ノリは怖い!!!

いい具合にガソリンも入ってしまったので、自分がプレイしていないときは普通にお客として相当楽しみました。sio君っていうDJの子が気持ちいい音鳴らしてました。おすすめです!

パーティ後、UPBEATクルーとデニーズで朝食を食べた後、僕は一足先に打ち上げを切り上げて代々木の知人宅で小休止。

しかし、休むまもなくSPEEDKINGです。

後半へつづく・・・。
posted by KAZUHIRO ABO / アボカズヒロ at 11:07 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年09月05日

赤塚不二夫展を見てきた & 本日はUNDER BARです!

一昨日の話になっちゃうのですが、一人でふらっと松屋銀座で行われている赤塚不二夫展にいってきました。

IMG_6807  


会場では歴代の赤塚漫画の生原稿や、トキワ荘時代の写真、各界著名人による「シェー」 写真など押さえるとこ押さえてるなっていうラインナップ。

僕的にあがったのはアマチュア時代に石森章太郎などの仲間と製作していた日本初の漫画同人誌ともいわれている「墨汁一滴」 が展示されていたことです。

実は、これ、ホント誰もしらないと思いますけど僕の地元の青森県八戸市には、この墨汁一滴に参加していた人がいるんですよ。

八戸には郷土料理/居酒屋の名店「ばんや」というお店があるのですが、ここの店主の類家さんという方がその人。 少年時代は漫画雑誌の投稿漫画番付(審査員は手塚治虫先生)で石森章太郎と横綱を争っていたという知られざる経歴があります。

その漫画雑誌の常連投稿者で立ち上げたのが「墨汁一滴」を製作していた「東日本漫画研究会」なんですねー。

実は僕、ここら辺の話、類家さんのビデオインタビューを持ってます。っていうかインタビュアーは僕(笑)  かなりのロングインタビューなのですが、相当貴重な話が沢山あるので、どこかで公開したほうがいいのかなぁ。なんて思ってみたり。 今度地元に帰ったときに類家さんに許可をとってみようかしら。

ちなみに著名人によるシェーッ!!オンパレードは、気合の入ってる人と「実はそんなに赤塚先生に思い入れないんじゃね?」 という人の温度差がはっきりと見て取れて面白かったです。

個人的なお気に入りはタナカカツキさん、背景に集中線を書いたパネルを用意するほどの気合の入れ様!!

そしてタモさんのシェーッでは涙が・・・。9/7までやってるそうなので、必見です!!!

赤塚展を見たあとの昼食は何にしようか考えた結果、やはりここは「シーズン的に微妙になってきた冷やし中華を食らう」だろう! しかもチェーンとか、ちゃんとしすぎたお店ではなくて、町の半ば定食屋と化してて昼間から酒を飲んでいるおっさんがいるようなお店! という結論に落ち着き、うろうろ小一時間探した結果秋葉原にばっちりなお店を発見。

 IMG_5249



昼間から日本酒をオーダーするおっちゃんの居る店で食べる冷やし中華はとてもとても美味でしたとさ。 (どうして冷やし中華なのか分からない良い子は「全冷中」で検索してみよう!)

そして今晩は渋谷のUNDER BARにてSHUFFLE!です!

shaffle  


UNDER BARという小箱ならではの雰囲気で、DJ同士、お客さん同士、全てのスタッフが交わり、 あらゆる垣根をこえたSHUFFLE! !出演DJにおいてもUP BEAT!DJ、tsutomu, SE-TAを始めとし,さらに青山Faiの看板パーティーBUMPオーガナイザーBASS AGENT aka Russell Mallon 、day&nite@WOMBやSweet emotion @ROOTYで活躍するsio、 WAVE TOKYOオーガナイザーReach、若手有力株BUCTIなど、各方面で活躍するDJが一同に集まります!
さらにご優待価格は1500円1ドリンク付きというなんともお財布に優しい価格!プラス、SHUFFLE!オリジナルMIX CDが先着50名に配布!是非ご友人お誘い合わせの上遊びにいらして下さい。

2009/09/05(sat)

UP BEAT!Presents 
SHUFFLE!

open 2200〜

DOOR ¥2500 1D付き
W/F ¥2000 1D付き

MUSIC: HOUSE, TECHNO


Guest DJ
KAZUHIRO ABO ( CLOUDLAND@ageHa)

DJ
tsutomu (UP BEAT!)
SE-TA (UP BEAT!)
Reach (WAVE TOKYO / Philosophy)
BASS AGENT aka Russell Mallon (BUMP)
sio
BUCHI


VJ Asthetik (WAVE TOKYO / Philosophy)

おまちしておりまーす!

 

posted by KAZUHIRO ABO / アボカズヒロ at 09:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年09月02日

DJの予定9月編

朝さっむーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!

今年も夏が終わってしまったのですね・・・。しかし、パーティな時間はまだ終わらず右に左に体揺らす日々ですYO!

おかげさまで今月も毎週のようにDJさせていただきます。ホントありがたい話です。

まずは今週の土曜日9/5は、渋谷のUNDERBARにてUP BEAT! presents SHUFFLE!というパーティにお呼ばれいたしまして、がっつり盛り上げてくる所存です!

聴くところによるとUP BEAT!ってかなり勢いのある大型パーティらしく、 SHUFFLE!はそのサテライトパーティみたいな位置付けみたいですね。前回のゲストは木村コウさんだったそうです。

-----------------------------------------------------------------------

 

shaffle


UNDER BARという小箱ならではの雰囲気で、DJ同士、お客さん同士、全てのスタッフが交わり、 あらゆる垣根をこえたSHUFFLE! !出演DJにおいてもUP BEAT!DJ、tsutomu, SE-TAを始めとし,さらに青山Faiの看板パーティーBUMPオーガナイザーBASS AGENT aka Russell Mallon 、day&nite@WOMBやSweet emotion @ROOTYで活躍するsio、 WAVE TOKYOオーガナイザーReach、若手有力株BUCTIなど、各方面で活躍するDJが一同に集まります!
さらにご優待価格は1500円1ドリンク付きというなんともお財布に優しい価格!プラス、SHUFFLE!オリジナルMIX CDが先着50名に配布!是非ご友人お誘い合わせの上遊びにいらして下さい。

2009/09/05(sat)

UP BEAT!Presents 
SHUFFLE!

open 2200〜

DOOR ¥2500 1D付き
W/F ¥2000 1D付き

MUSIC: HOUSE, TECHNO


Guest DJ
KAZUHIRO ABO ( CLOUDLAND@ageHa)

DJ
tsutomu (UP BEAT!)
SE-TA (UP BEAT!)
Reach (WAVE TOKYO / Philosophy)
BASS AGENT aka Russell Mallon (BUMP)
sio
BUCHI


VJ Asthetik (WAVE TOKYO / Philosophy)

-----------------------------------------------------------------------

そしてそして明けて日曜日の9/6にはamate-raxiにてあの!!!あの!!!あのサブカル/テクノ史に残る伝説のパーティ 「SPEEDKING」が大復活!中高生の頃憧れたSPEEDKINGに自分がブッキングされているっていうのは、 今もなんだか不思議な気分です。

普段はセットをきめて現場にいかない主義の僕ですがこの日はやっぱり特別です。現在悩み中。
ネタモノは「ホンマもん」な巨人の方々が多数いるので封印して、あえて「王道クラブ選曲なう!(ちょいチャラ系)」でいこうかな?それとも、 10 代の頃一緒に活動していた友人たちがやっている(いた)ネットレーベル(16次元、鯖缶、日の出木工所) の音源オンリーでやろうかな?と凄く悩んでいます。

ってか、出演者豪華すぎます!mj-spiritのパフォーマンスは必見でしょう!

 

14400127


2009/9/6(日)
『SPEEDKING09』
@渋谷AMATE-RAXI
地図
OPEN/CLOSE : 14:30-21:00

DOOR 3,000yen (with 1d)
With Flyer 2,500yen (with 1d)

■B1F Radio & Showcase floor

▼司会進行 兼 スピキンラジオ公開生収録:
BUBBLE-B&政所 (SPEEDKING RADIO)

▼マイクコール:
Enjo-G

▼DJs:
TOFUBEATS (第20回ゲスト)
ミッツィー申し訳 (申し訳ナイト) (第7回ゲスト)
露骨KIT (galaxxxy) (第21回ゲスト)
BUBBLE-B

▼LIVE PA:
bluetree (from mj-spirit) (第9回ゲスト(ゴリラ氏))
コウチョウチン ("拷秋勤" from 台湾) (第39回ゲスト)
m11dy (MADDEST CHICK'N DOM) (第12回ゲスト)
DJ SHARPNEL (SHARPNEL SOUND) (第14回ゲスト)
MC紳士 (第8回ゲスト)
Asohgi (INR/anecdote) (第32回ゲスト)
おもしろ三国志 (第26回ゲスト)

▼VJ:
Dee! (AVSS)
ヤノメディア

■1F Club Floor

▼DJs:
吉田哲人 (Fantastic Explosion/Mit Dir) (第3回ゲスト)
DJ JET BARONG (Funky Kota DJ from インドネシア(嘘)) (第37回ゲスト)
アボカズヒロ (第16回ゲスト)
DJイオ (LBT) (第40回ゲスト)
DJ☆H (Perfume Night) (第17回ゲスト)
Da/Le (AVSS) (第18回ゲスト)
tomad (Maltine Records) (第45回ゲスト)
DJ色彩 (第25回ゲスト)
Cherryboy Function (ExT Recordings) (第36回ゲスト)
福田タケシ (8-bits) (第30回ゲスト)

▼占いブース:
NOT FOR SALE

-----------------------------------------------------------------------

そして明けて翌週の9/12は、茨城県は守谷で行われるコントラストという野外レイヴでスピンします!
野外は久々なのでいまからたぎってくるものがありますNA!

僕は2年半ほど前まで茨城県の取手に住んでいたので、守谷とか凄く懐かしい響きです。これはYOU君、参加必至でしょう!!

照る照る坊主を吊るさなきゃ!

1270683827_24  



【contrast OpenAir FreeParty 2009 3rd】

日時:9/12(土)19:00〜翌6:00 ※雨天延期時は9/26(土)開催
場所:茨城県守谷子市 利根川河川敷 常磐道高架下
   http://map.yahoo.co.jp/pl?type=scroll&lat=35.92742943&lon=139.96914755&sc=7&mode=map&pointer=on
   ※茨城県守谷子市野木崎 付近
   ※地図上左側の緑色の橋が常磐道高架となります
入場料:無料
MUSIC:Techno、House、etc・・・


2009年3回目となる今回は、昨年夏と同様に2ブースでのオールナイト開催となります!
夏の終わりを告げる今回のPartyは、関東全域で縦横無尽に活躍する豪華DJ陣をラインナップ!!
利根川が育む自然と、常磐道の無機質なコンクリートが調和した不思議な空気の中で、最高のダンスミュージックに酔いしれましょう!!

DJ's

【Booth A】

DJ MIHARA a.k.a AM [ DISCO SUCKS / Rapt] ●Take a cold shower EP Release!!! ※SHOP※BEATPORT・itunes Store・JUNO●
スガユウスケ [FUTURETECH/BIORIC/Silent Music]
ZERO-SUN
NEN [AREION/BIORIC/Riphlus]
eisyun [Substance]
DJ Matsubara [Substance]
DJ Dub Jr. [Dubuddha/Space Effect]
YU-KI [音楽維新 / Rapt]
J-LOW [TRY RECORDS / CLUB@NICO25]
Ko-bun [contrast / Substance]

【Booth B】

KAZUHIRO ABO
DJ Atsuhisa [Drive]
SHO-GO [音楽維新 / Rapt]
JAVA [Allegra / VIVA LA MUZIQA]
morimoto
TOUCH [Elements]
shojiwararu
marble [TRY RECORDS]
DJ IIJIMA [contrast]
Tetsugoro [contrast]


【VJ】
VE9630

【FOOD】
chill out cafe


■Notice■
・当日、問題が発生した時、運営の判断にて、音を止める場合や、途中でPartyを中止する場合がございます。
・雨天延期時は当日正午までにマイスペース・mixiコミュニティーでお知らせ致します。
・ゴミは各自で必ずお持ち帰り下さい。守れない方のご来場はお断りさせて頂きます。
・法律で禁止されている物、危険物の持込を禁止させていただきます。 発見した場合、ただちに警察に通報致します。
・ケンカ、苦情、天候などによりパティーの続行が不可能と判断した場合、中止とさせていただきます。 暴力行為が発生した場合も、 ただちに警察に通報させて頂きます。
・貴重品の管理は各自でお願いいたします。盗難、紛失の場合、当方ではは一切責任を負いません。
・お車でお越しのお客様の飲酒運転はご遠慮願います。
・喫煙者の方は各自、携帯灰皿を持参して下さい。
・駐車スペースに限りがある為、なるべく相乗りでのご来場をお願い致します。ご協力お願い致します。 (お車はつくばエクスプレス高架下に駐車願います)
・会場での怪我、その他被害については、当方では一切責任を負いません。
・明け方は冷え込みが予想されます。各自防寒対策をしっかりと行って下さい。

★当Partyは皆様のドネーションで成り立っております。会場に募金箱を設置致しますので、次回開催の為にも、 是非ドネーションにご協力お願い致します★

一部の人のマナー違反によって、次回から場所が使えなくなってしまう可能性があります。
みんなが集える貴重な場所です。ひとりひとりがマナーを守り、みんなでこの場所を守っていきましょう。

ご協力のほど宜しくお願い致します。


contrast MySpace
http://www.myspace.com/trycontrast

contrast mixiコミュニティー
http://mixi.jp/view_community.pl?id=3511971

クラベリアinfo
TBA

-----------------------------------------------------------------------

そしてそして、明けてさらに翌週の9/19は皆様お待ちかね!CLOUDLAND@ageHaです!

6a258f39  


メインフロアは久々にEMMAさんのULTRA MUSIC。ゲストにはUKのPAOLO MOJOがやって来ます。 PAOLO MOJOのプレイ、凄い楽しみで、当日はDJブース行って近くでガン見してやろうといきまいています。

CLOUDLANDには、AIRでSTRANGEというパーティを主催していたKISH君が回しにきてくれます。KISH君は06年にEd Hardy直営店Ed Hardy JAPANのオープニングパーティでプレイしたり、07年に上海でツアーやったりとアクティブな人です。 プレイは初めて聴くので楽しみ。

2009/09/19(Sat)
OPEN : 23:00
DOOR:\3500 / ageHa MEMBER ¥3,000


[DJ]【ARENA】DJ EMMA (NITELIST MUSIC),PAOLO MOJO (Oosh Music/UK)

,【WATER BAR】Q'HEY (MOON AGE / REBOOT / BUG FIX),GUEST DJs:DJ TASAKA (DISCO TWINS),

【TENT】LIVE:FILTERIA (Suntrip Records / SWE),DJs:@raki(JzTrance),YOSHIHIDE(JzTrance),VJ:hiseki gfx

,【ISLAND BAR/LOUNGE】CLOUDLAND,DJs:YUMMY (DONUTZ),Abo Kazuhiro,KISH (STRANGE),


-----------------------------------------------------------------------

ほんで第4週目の木曜日にはお馴染みamate-raxiのDONUTZです。
みんなでオレンジジュースやグレープフルーツジュースやトマトジュースを片手に踊り狂う、友達の家のような楽しいパーティです(笑) 良く見るとフライヤーがスーパーマリオワールドだし(笑

 

005c7950



DONUTZ
vol.4
9/24 LAST THURSDAY
@amate-raxi
door 2500 yen
with flyer 2000 yen
open22:00〜midnight
house →electronic← techno
◉先着ウエルカムドリンクを仕込み中◉


「遊びの向こうにある遊び」
D.I.Yを合言葉に、YUMMYの呼び掛けで首都圏を中心に
活躍する次世代の才能が集結。今月のDONUTZは
ELECTRONIC MUSICの本質を伝えるためサウンド面に
特化したシンプルな空間の下、DJ達の実力は勿論
それぞれハイブランドのレセプションパーティ、
現代美術館、Second Life内、幼稚園、Ibiza、Russia等
様々な場所でのスピン経験を持つ曲者揃いのラインナップでお届けする。
バックボーンの異なる超分野のセンスが共鳴し合い
アーティスティックなヴァイヴスが生まれる瞬間に期待したい。
DONUTZは全ての参加者の日常を揺さぶり続ける。


Why DONUTZ !?
音から生まれたとされる宇宙はかつてドーナツの形をしていると考えられていました。あらゆる感情を呑込み万人を祝福する寛容さ、 飽くなき人間の好奇心を満たし続ける空間、環状が持つ永遠に連鎖していくイメージをDONUTZという言葉に託して、 このパーティは数人の仲間同士の小さな繋がりからスタートしました。 初めて音楽に感動したときの謙虚な気持ちをいつまでも新鮮な喜びとして楽しんでもらうために、DONUTZは存在します。 もちろんそれは私たち全ての送り手自身のためにでもあります。

"あそび"の向こう側にある"遊び"
20歳以上である事を証明する身分証明書(運転免許証、パスポート等)と少々のお金(ドリンク代)さえあれば楽しむことができて、 本来のCLUBが持つ機能を最大限生かしたシンプルな空間を、私たちDJがVJやアーティスト、スタッフと協力して育てています。
ウーファーが強烈なグルーヴをフロアに響かせれるなら貪欲にダンスの快楽を求める若さもあり、いつでも美味しいお酒が飲めるなら、 整然と流れる光の粒子を眺め凪いだ心で寛ぎ事足りる夜もある。 リアルを求める高感度な大人ならではの"十人十色のスタイル"を表現して頂ければ幸いです。そこに旧来的なステイタスは要りません。

DJs ..

・DONUTZ HALL(B1F)DJs

YUMMY(DONUTZ/CLOUDLAND)
SoLA(CUBIC LOOP MUSIC / BEEF Records) /JP
カノマタケイスケ(varium)

・MELT LOUNGE(1F)DJs

Kazuhiro Abo
NMR(SAI)
DJ色彩
Hiro
KiKi
わたぺー
clastix

・VJs
SHUN
BT

posted by KAZUHIRO ABO / アボカズヒロ at 10:54 | Comment(1) | TrackBack(0) | 告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2009年09月01日

先週 to the 今週末

先週の木曜はamate-raxiでDONUTZでした!

僕はメインフロアのオープンと、2時からのラウンジでプレイしました。

メインフロアでは久々のプレイで、最近はラウンジセットが多かったこともあり、 最近好きだけどなかなかかける機会の無かったトラックを存分にドロップしました!その結果やや節操の無い感じになりましたが、 いい曲に壁なんかない!と信じてこれからも精進するのみです。

ラウンジでもいつもどおりご機嫌にプレイできて、終始ハッピーなパーティになったと思います。

今回はかなり酒ノリの強いパーティになってしまいましたね。 パーティはDJとオーディエンスのヴァイブスがひとつになったときに奇跡が生まれますが、これはきっとお酒にも言えること。

”飲む方”と”飲ませる”方のヴァイブスが一体になったときに最高の盛り上がりになりますね。やっぱり、 どちらか片方が突っ走ってはなかなかどうして上手くいきませんね。 いい曲もラウドすぎたりすると耳に突き刺さる音の暴力になってしまうように、良かれと思っての振る舞い酒も、 紙一重でアルコールハラスメントになってしまうこともあります。やっぱりここは”お互いが”リスペクトをもって尊重しあい「いい塩梅」 ってやつをキープしていきたいもんですね。

そして土曜日の夜は雑誌「WAX POETICS JAPAN」主催のAIRでカットケミストがプレイするパーティにご招待いただき、 遊びに行ってきました!

カットケミストはループペダルを駆使した1ターンテーブルセット!!一緒に行ったDJ1,2と激アガりしてしまいました! やっぱりHIPHOPパーティはワンツと行くと最高に楽しいです(副音声で激ドープな解説をきけるので 笑)。

AIRではMUROさんと初対面!!ご挨拶すると「あー、君がアボ君!」と知っててくれたようなのでこれまた激アガり! 「蓮田住んでんだ!!」と、蓮田在住なところに食いついていらっしゃったのが印象的でした。しかし、やはりKINGの風格、オーラ、 ハンパないです・・・。

AIRでは他にラウンジにてNUBIAN LADYという女の子3人組のDJユニットがプレイしていたのですが、これがドツボ!!! レアグルーヴからハウスからヒップホップまでをB2Bで縦横無尽にプレイしていて超かっこよかったです。要チェックですわ。

日曜日はそれまでの疲れがどっとでて、半ばダウンしながらも選挙→仕事仕事仕事。MIDIデータをポチポチ編集しておりました。 クラブも好きだけど、家で打ち込みしてるのも相当好き。基本アウトドア派なので。 夕方定食屋でご飯を食べながらお店のテレビで選挙速報をチェキってる姿は完璧に日曜日のおじさんでした(笑

しかし先週どこに一番疲れを感じたかと言うと、やっぱり内臓ですね。DJは日常的に昼夜逆転の不安定な生活+酒を飲む、飲まされる、 打ち上げじゃ割りと脂っこい食事、なので、きっとみんな内臓は慢性的にお疲れモードだと思います。 明らかに長生きできる生き方じゃないよなー、なんて思いつつ、 今度DJの仲間たちと内臓に優しいものでも食べてチルアウトする食事会でも開きたいなぁ、なんて思っております。

TAKE CARE OF YOUR ONAKA! by 四街道ネイチャー

posted by KAZUHIRO ABO / アボカズヒロ at 09:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。