2009年11月16日

意外な反響

5年ほど前に幼稚園でDJをした際の動画が最近YOUTUBEに上がっています。
僕としては5年も前のことなのでそんなに反響とかも無いかな?と思ったのですが、twitterを中心に結構反響があるようで、ありがたい話です。話題になってる場所がtwitterというのも5年という年月を感じますねー。

その動画で初めて僕のことを知った方もいるかもしれませんのでその後の事をサラりと書きますと、その後小学校でDJをしたり、子供と一緒に音楽を作るワークショップをしたりと「子供と音楽」ということをテーマにした活動は継続していました。

5年前に幼稚園でDJをした際には、僕が自主的に色々な幼稚園に電話をかけて20件目くらいでようやくOKをいただき、実現したのですがその後同じように交渉しても、世の中のDJに対するイメージがよくないのか、なかなか承諾してもらえなかったりするのが現状です。

むしろ、今こそDJを通じて子供たちに(決して価値観を押し付けるのではなく)色々な音での遊び方を教えることが出来ればと思うのですが。なんだかんだでDJは今、少なからず偏見の的ですからね。

こういう活動は継続していきたいので、もしご興味ありましたらメールなどいただければ、と思います。



*2013年2月20日 追記

本日、upload magazine様に取り上げていただき、何度目かではありますが幼稚園でのDj動画が話題になっているようです。
こちらのURLに飛んでくる方も多いとのとこなので、こちらに追記を。

まず、子供相手のDJ活動は、YOUTUBEにあがっているだけではなく、ライフワークとして継続的に行っております。一番最近のもので、YOUTUBEにのっているものが、こちらになります。あわせてごらんになって頂けると幸いです。
http://www.youtube.com/watch?v=PHv33j3U_2Q

そしてコメントを書き込む際に、もしよろしければ先にこちらもご一読いただければなぁと思います。こちらも2009年の記事ではございますが。

http://abokazuhiro.seesaa.net/article/134778155.html

現在、僕は皆様のサポートもあり、DJ稼業を継続しております。
話題になっている幼稚園DJの動画自体は僕が21歳の頃、つまり2013年現在だと8年弱も前のものになります。根本的な芯の部分は変わっていないのですが(ここ重要 笑)、人間20代に8年も経過すると考え方やスタイルもそれなりに変化していたりする部分もあったりします。

現状の最新情報はtwitterをチェックしていただくのが一番確実です。
https://twitter.com/abolabo

コンタクトもツイッターもしくはgmail ( abolabo84atgmail.com atを@に)にしていただくのが一番確実かと思われます。

なにとぞよろしくお願いいたします。

そして・・・

コメント欄
>ゆきろう 様

コメントありがとうございます。
実は、YOUTUBEにあがっているのは動画を切り取った一部分であり、プレイの全内容ではありません。そちらを読み取っていただけたら幸いです。

ちなみに、35分ほどプレイした中で、後半に子供たちに向けたプレイをするセクションを設けました。

当時の戦隊ものの曲やプリキュアなどをプレイしました。
子供向けの曲をかけるのは大人向けのものよりも子供の反応が良くなってしかるべきだろう、と思ったのですが、結果としてはまったく芳しくありませんでした。

どういうことが起こったかというと、女の子の曲をかけると男の子が明らかにつまらなそうにする、男の子向けの曲だとその逆。そして、ユニセックスな童謡的な曲をかけるとダンスの足が止まってしまう、もしくは自由なダンスではなく、お遊戯の時間に覚えたふりつけをすることに終始してしまうという結果でした。
posted by KAZUHIRO ABO / アボカズヒロ at 03:06 | Comment(16) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
リズムがきっかけでそれぞれ自由に心を解き放つ瞬間。

最高の研究ですね。

ナイスな活動です!これからもがんばってください。
Posted by c at 2009年12月04日 12:59
演奏を許可した園長、保母さんたち最低だ、
DJさん、あなたは、演奏する場所を選べなかったんですね。
Posted by ジャジー at 2009年12月04日 14:47
はじめまして。
ニュースからきました。
私の意見を言わせていただくと、止めてもらいたいです。
音楽を楽しむのは自由です。
クラブミュージックを楽しむのも自由です。
しかし、このジャンルの音楽を生の音で楽しむのはどこですか?
まさにクラブですよね。
その営業時間は何時ですか?
深夜ですよね。
この子ども達が「かっこいい!」と思ってクラブ通いにあこがれて、早くそういうところに行きたいと思うのは危険です。
まだ幼稚園児だけど、今の子はませてるので中学生くらいになれば行くかも知れません。
年齢制限のある良識なクラブばっかりですか?
そんな訳ないでしょう。
年齢制限があるところには行かずに誰でも入れるようなところに行くかも知れませんね。
お願いですから止めてください。
失礼いたしました。
Posted by minmin at 2009年12月04日 19:17
それを監視して教育するのが親の役目でしょ?
なんでもかんでも外的要因を悪とするのはただのクレーマー。
うちの子が悪く育ったのは学校のせいだ、と言ってるのと同じ。
Posted by axa at 2009年12月04日 21:23
来年に向け、大型施設の開発を地方多数にて[Kids向け施設]を展開の予定です。
HP拝見し、貴方とコンタクト取らせて頂きたく、突然の書き込み失礼します。
一度、お話したく思います。
Posted by ボンノウデザイン at 2009年12月05日 00:23
深夜に自由に外出できる子供がいるんですか?親はなにやってるんですかね
Posted by exe at 2013年02月20日 21:34
いろいろな音楽を聞いて、楽しければ踊って体を動かす。叫ぶ。自然なことだと思いますよ。
食わず嫌いはいけないですね。
Posted by 通りすがりの親 at 2013年02月20日 22:52
クラブが何も深夜営業ばかりではありませんよ。夕方くらいには終わるイベントもあります。
また、音楽系の文化部としてテクノ部やテクノ同好会がある大学は少なからずあります。学祭も参加します。学祭だから、入学前の高校生だって入れます。

吹奏楽はよくて、ロックバンドはよくて、オーケストラはよくて、でもクラブ音楽はダメだなんて、変な話ですよね。
Posted by 名無しのμ at 2013年02月21日 01:07
ツイッターでこの動画が流れてきたのと、日記の内容にもやもやしたものがありましたのでコメント失礼します。

保育士をしているのですが、色々な音楽を知ってもらいたいという気持ちはよくわかります。
ただ、DJというのに偏見があって断る園ばかりではありません。
騒音問題や保護者の考え等、周囲の環境問題があること。
子どもの成長に少なからず関わる事なので慎重にならざる得ない事を少しでもご理解して頂けると嬉しいです。

それとDJでそういった場所を回りたいのであれば、音楽をもっと子ども向けにしてみたらどうでしょうか?

曲の選曲も幼稚園でしたら子ども達の間で流行っているアニメソング・季節の童謡等を使い、DJすると音楽も面白くなるんだよ?
という様な、もっと子どもに向けたものを行うと受け入れやすく、楽しいものになると思います。

アボカズヒロさんの考えだけでなく、子どもの成長に合わせた内容を考えて頂ければと思いました。

音楽の楽しさ、すばらしさを伝えたいのはどこの園だって同じ気持ちです。

活動頑張って下さい。
Posted by ゆきろう at 2013年02月21日 01:07
ほんとにかわいいです。
昨今クラブへの圧力から閉鎖が続きますが、
踊るという行為はもっとprimitiveなものだと、
警察に見せたい動画ですね。
Posted by at 2013年02月21日 01:37
おもしろい。
なんで音楽ってこんなに刺激されるんだろう。
本来生きるのに必要なものでも無いのに不思議だねー。
Posted by Qちゃん at 2013年02月21日 02:35
僕も前にブレイクダンサーだった頃に、メンバーのお母さんが働いている保育園でショーをやった事がありますが、子供たちはめちゃくちゃ盛り上がって、しばらくみんなで床をゴロゴロしてましたよー。

単純に楽しいんだと思うんですよね!
大人がきちんと観ていれば、色々な遊びに触れさす事は大事だと思います。

活動頑張って下さい!
Posted by たけ at 2013年02月21日 12:30
すばらしいです。

頭の堅い方、偏見のある方はいろいろとご意見もあるでしょうが、『毎日聞けと言っているわけではない』というのを念頭に置いてほしいと思います。

「全身で表現する」「全力で踊る」ことは子供の頃に培うべき能力だと思います。

是非、良心的な幼稚園などで活動を続けてください。

応援しています!
Posted by aa at 2013年02月21日 13:31
うーん、、、
アボさんの文章、コメント欄から感じるかみあわなさ、違和感を伝えさせてください。
みなさんの意見は、すべて”大人”、大人から見た社会、嗜好、教育、を前提としたものですよね。子ども達の選択肢をふやすためにいろいろなものに触れることの重要性という主張はわかります。しかしこの人工的な刺激の多い現代において、毎日の小さなひとつひとつが感性に触れ、これからの人生の糧になるであろうひとりひとりの幼児に、ことさら強い刺激をあえて与える意味を、大人はよく考えなければならないと思います。
私はクラブに行くのも踊るのも好きなほうですが、行きたくないときには行かないという自由も持っています。多くの幼稚園において、事情は違います。園児の好きにさせている、というのは、”DJのおにいさん”がみんなのためにお客さんとしてやってきてくれたから、みんな部屋に集まってそこに一定時間居ましょうね、という枠の中での話しなのではないでしょうか(違っていたらすみません)
刺激というのは、文化的なこともありますが、物理的なこともあります。幼児の体はほんとうに大人と違います。

アボさんの文章からも、子どもの教育というよりもクラブ文化の啓蒙が主体となっている感じを受けます。クラブ文化の啓蒙のために、子どもを利用している、ととられても仕方のない書き方だと思います。子どもがかわいい、と単純におっしゃっている方たちも、そう受け取られる可能性を考えたことがおありでしょうか。

そもそも、幼稚園児に”なにかを教える””与える”という考え方に違和感があります。子どもは”自ら発見する”もので、そうすることで初めてなにかを自分のものにできるのではないでしょうか。

なんにせよ大人の文化事情に子どもをまきこむべきではない。子どもは大人の期待に応えようとするものだから。と思います。
楽しいお祭りならそれでいい。しかしほんとうにそうしたいのなら、園の一角で、園児には特に大人からは呼びかけをせず行われるべきです。

日本の、子どもがアイコンにされ消費されやすい風潮に危機感を覚えている者の一意見です。ご一考頂けると幸いです。
Posted by bb at 2013年02月22日 02:02
私も反対派です(~_~;)
この動画を見て、素直に「素敵」と思えませんでした。寧ろ、「異常」だと感じてしまいました。
実際私も数年前に、3年間ライブ活動をしていたことがありますので、音楽はいいもの!ということはよくよくわかります。
でも・・・流石に場を選んで欲しいなと思いました・・・。
minminさんの意見に同意です。
音楽の素晴らしさを子供に伝えたいと思うアボさんや幼稚園の先生の気持ちもわからんでもないですが、これを承諾した気持ちはもっとわかりません・・・(;´Д`)
Posted by アボさんよりひとつ年上のOL at 2013年02月22日 21:05
子供たちは楽しそうにしてるのに
なんで大人の価値観で
良い悪い・悪影響とか語ってるのかが不思議
Posted by at 2013年03月18日 22:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。