2009年12月05日

YAHOOトップに

ブログのアクセス数がいきなり凄いことになっていて、どうしたのだろうと思ったら幼稚園でDJをした動画がYAHOOのトップにリンクされていたのですね。今はもう違うものになっているので、見逃してしまいました。

ブログにもコメントくださった方、ありがとうございます。昨今のクラブという場所の見られ方を再認識することが出来、とても興味深く読ませていただきました。

多くの方が持っているクラブの悪いイメージ、例えば酒に酔っての暴力やトラブルや、たちの悪いナンパが横行するということ。このようなイメージは、大部分は悪意ある報道や現場を見たことが無い人によって作られたものであり、決してクラブカルチャーとイコールで結べるものではないとも思います。

しかしここが重要なのですが、ごく一部ではありますが、そういうことは確実に存在している。それもまた事実だと思います。そのようなクラブカルチャーに付随する良くない部分から子供たちを守っていくのは大人の役目だと思います。
このようなことはクラブに限らずどこにだって潜んでいる危険なんだと思います。昼夜問わず、ライブハウスだったり、道端だったり、悪友の家だったり。正直、クラブカルチャーのみが槍玉に挙げられている現状には疑問を感じています。クラブがどうのこうのという話というより、人間としての倫理や常識の話だと思うのです。その問題を解決できる鍵は、社会全体にあり、そして家庭にあると思います。

そして、そのようなイメージによって、ひとつの音楽文化としてのDJカルチャーというのが軽視されているのかな?とも思います。

僕はDJカルチャーはまず音楽本位であるべきだという立場なので、パーティの時間は必ずしも夜にこだわる必要は無いと思いますし(今夜もDJをしますが)、DJはいわゆるステレオタイプな「クラブミュージック」だけをターンテーブルに載せる必要も無いと思っています。

僕の思うDJとは、音楽(音盤、そして作曲者や演奏者)と聴衆の間に存在し、音楽と音楽の意味や文脈を繋いで新しいストーリーを紡ぐ語り部であり、パフォーマーだと思っています。具体的にストーリーを構成する要素を挙げると、それは歌詞だったり、音色や音響に由来する「ムード」だったり、その音盤が持っているバックストーリー(だれがどういう時にどういう心境で作った曲だ、、、とか)だったりと、さまざまあります。その様々な要素を手を変え品を変え多様な手法でミックスして聴衆に訴えかけるDJという存在は、やっぱり面白いと思うし、子供たちに「音楽と楽しく付き合うためのひとつの方法論」として知っていて欲しいな、とも思っています。そのために、DJをするだけではなく、子供たちと一緒に音楽を作るワークショップを行ったりもしました。

意外と知られていませんが、「キュキュキュキュ ahhh yea!!」ってするだけがDJじゃないというか、それはあくまで一要素なんですよ。ターンテーブリズムというDJ固有の演奏表現に特化した領域もありますが、いわゆる「クラブDJ」とはまた異なります。

☆ターンテーブリズム参考動画 ↓


もちろんこういった身体的テクニックはDJが音楽を再編し、物語る際の自分のボキャブラリーに組み込むためにも大きな武器となります。

そうそう、意外と誤解されがちですが、DJって必ずしも爆音でやらなくてもいいんですよ。音が悪くなったり、耳がきつくて長時間音楽を楽しめないくらいなら、音量を下げます。何事にも「いい塩梅」というのがあるってのは、DJだって同じなのです。幼稚園の動画では、最初びっくりして耳をふさいでいる子がいましたが、僕も始めての経験だったので丁度いい音量がつかめず試行錯誤しながら適時音量と音質を調整していました。ビデオのマイクとyoutubeの音質だと伝わりづらいかとは思うのですが…。

なんだか取り留めなく、読みづらいことこの上ない文章になってしまいましたが、上記の様々なことをふまえた上で「音楽で踊る」という行為はとても根源的で美しい行為だと思います。日本では風営法によって踊るという行為に時間的制限がかけられていますが、問題は踊ることではないというのは最早いうまでも無いと思います。

僕が今ぼんやりと理想として思い描いているのは、様々な年齢、性別、文化圏の人が集い、音響が良くて、あらゆる音楽に壁を作らないMIXスタイルのDJとターンテーブリストが両方いて、ダンスミュージックではない音楽のライブもあって、昼間に気軽に遊びにこれる場所。踊ることを許されているが、同時に踊ることを強制もされない場所。子供もいるが、良識のある大人が子供を守っていて、安全な場所。そして、様々な文化的な刺激を受けることが出来る機会と場が必要だと思っています。時間は日曜の昼下がりとかいいですね。あと、おいしい食べ物なんかも食べられるとなおグッドですね(笑 サンデーアフタヌーンに子供も入れる形でageHaがオープンしていたりしたら、面白いかな、とか思います。あそこは4つのフロアに様々な音楽が流れていて、大きいから開放感もあるし、プールもあるし、フードエリアも美味しいし。もちろん、良識ある大人たちがきちんとすることが大前提ですが、東京のクラブシーンのアイコンとしてそういうのがあってもいいかな、とも思います。
もちろん、夜にこだわって文化を育んできた先人の方々にも、大きなリスペクトを掲げつつ…。

これはただの理想論と言われてしまうかもしれませんが、少なくとも、理想に少しでも、一ミリでも近づけるように努力しなければな、と思っています。

取り留めの無い長文、失礼いたしました。
posted by KAZUHIRO ABO / アボカズヒロ at 17:16 | Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして!文章読ませて頂いて大変共感できる部分が多くつい書き込ませてもらいました。僕も先日とあるイベントに遊びにいったのですが「クラブの悪いイメージ」そのままのお客さんが多く「だからクラブってイメージ悪いんだな。これが今のクラブの現状か。」と考えているところでした。結論として自分がするPartyはそういったものとは違うものを作ろうという考えに至ったんですが、「新しいクラブシーンのアイコンを発信しよう」なんて考えまではとても及んでいませんでした、でもその言葉を見てそうしたいなと思いました。いろいろな反響があるみたいですが僕も子供が入れるイベントがあっていいと思います、先日日曜日の昼間にイベントをした時に友達が子供を連れて来てくれたんですがその子がすごく笑顔で踊ってくれてそれを見た周りの大人もすごく楽しそうで…ああいう空間をまた作りたいなと思っています。
僕もDJとして活動しているのでどこか現場でお会いできた時にお話させてもらえたら幸いです。長々とすみませんでした!
Posted by 幼稚園動画から来ました at 2009年12月09日 23:32
コメントありがとうございます。子供が色々な音楽に触れられる機会を作っていきたいですね!
ブログ拝見しました。Rootyでまわしてらっしゃるんですね。一度下北にも遊びに行ってみようかと思います。
Posted by KAZUHIRO ABO at 2009年12月10日 15:49
初めまして。同じく幼稚園動画から参りました、
Leviaと申します。

私は仮想空間内でのDJとして、
自分の音をストリーミングしています。

誰でも気軽に
肩肘張らずに音楽を楽しめる環境をと考える私は、
ABOさんの考えや取り組みには大変感銘を受けています。

活動する場は異なりますが、
今後のABOさんの活動を影ながら応援しています!

追伸:
真冬日の原稿書きのBGMとして、
Cold day Mixのお世話になってます!
Posted by club TEMPEST DJ Levia at 2009年12月15日 15:35
☆Leviaさん

セカンドライフでDJをしてらっしゃるのですね。どういう形でオーディエンスのフィードバックを感じるのか非常に興味があります。やはりそこは文字情報のやり取りなのでしょうか?

コメントありがとうございます。
Posted by KAZUHIRO ABO at 2009年12月19日 19:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。